スライドカーテン 芯材カーテン

工場や倉庫のスライドカーテンとは

テント生地のスライドカーテンは工場や倉庫の出入り口、上屋や軒、庇の屋外などの大きい開口部を持つ場所に最適です 。
スライドカーテンはトラス構造とXバーにて風圧に強く、スライドさせる動きが滑らかで軽快なのが特徴です。また、レールを床面に設置することでスムーズな開閉を行うことができます。
ハシマシート工業では、このようなスライドカーテンの施工や修理・修繕等も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

テント倉庫の一部をトラックの出入り口としてスライドカーテンを設置した事例
スライドカーテンのテント生地変えて視認性や明るさを確保した事例
トラス構造とXバーにより風雨等に対しても強い構造となっています。

スライドカーテンの利用シーン

スライドカーテンは以下のようなケースで利用されています。

  • 雨風が強くあたる入り口をカーテンにしたい
  • 開口を大きくすることで、どんな機材もスムーズに搬入したい
  • 倉庫や建物の出入り口をスムーズに開閉したい

芯材カーテン

芯材カーテンとは?

芯材カーテンは屋外、屋内の開口部を仕切ることができるカーテンです。
通常のカーテンは風で大きくバタついてしまいますが、芯材カーテンは芯材と落としピンを使う事で、横風や下からの隙間風を防ぐことができるカーテンとなっています。
また、スライドカーテンよりも低コストで設置することが可能です。

芯材カーテンの利用シーン

芯材カーテンは主に、以下のような用途で利用されています。

  • コストを抑えつつ、カーテンタイプの入り口を実装したい
  • 軽い動きで開閉する、手動のカーテンがほしい
  • 風に強いカーテンが欲しい。

スライドカーテンVS芯材カーテンのメリットとデメリット

「建物や倉庫に開閉可能な出入り口」という点では同じ機能を持つ2つの製品ですが、それぞれスライドカーテンと芯材カーテンのメリットとデメリットや特性などを比較いたしました。


スライドカーテン

メリット

スライドカーテンは動きを軽快にすると共に、強度を持たせることができます。また、大きな開口に対応しています。

デメリット

芯材カーテンより高価になります。また、レールの施工が必要になってくる場合もございます。

芯材カーテン

メリット

芯材カーテンはスライドカーテンよりも低コストで設置することができます。また、レールを敷く必要がありません。

デメリット

スライドカーテンよりもやや脆弱となります。また、高さの制限が4mまでとなります。

お見積もり・お問い合わせ

テント倉庫についてのお見積もり・ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

058-392-8258 お見積り・お問い合わせフォームはこちら